トップページ > 介護リフォーム助成金活用法

介護リフォーム助成金活用法(施工事例を基にご紹介します)

介護リフォーム

1.介護保険法に基づく住宅改修費の支給             4.福島市高齢者住宅改修助成事業
2.障害者自立支援法に基づく住宅改修費の支給
3.福島市要介護高齢者等住宅改修助成事業

国・市からの助成を活用して住まいをもっと安全・安心・快適に!
ご希望の工事が助成の対象になるかは、お近くの地域包括支援センターまで、ご相談下さい。工事前に事前審査があります。
承認が下りてからの着工になりますので、ご注意ください。

お住まいの地域の包括支援センターは、福島市のホームページ(こちら)をご覧ください。

1.介護保険法に基づく住宅改修費の支給

廊下や階段に手すりをつけたり、床の段差を解消したりするなど、小規模な住宅改修を行った場合、その費用の9割(18万円上限)が住宅改修費として支給されます。
※上限を超えた部分は、全額自己負担金となります。

対象者

介護保険被保険者で、要介護・要支援と認定された方

支給対象となる住宅改修

@ 手すりの取り付け

   玄関、廊下、トイレ、浴室等における移動や転倒防止のための工事

A 段差の解消

   敷居を低くする、スロープを設置する、浴室の床をかさ上げするなどの工事

B 滑り防止や移動を円滑にするための床または通路面の材料の変更

   浴室の床を滑りにくくする工事や、畳をフローリングにするなどの工事

C 引き戸等への扉の変更

   浴室やトイレの開き戸を引き戸や折れ戸等に取り替える工事

D 洋式便器等への便器の取替

   和式便器を洋式便器に交換する。

E @〜Dの住宅改修に附帯して必要となる工事

  ・手すりの取り付けのための下地補強
  ・浴室床段差解消(浴室の床のかさ上げ)に伴う給排水設備工事
  ・床材変更のための下地の補強や根太の補強
  ・扉の取替に伴う壁または柱の改修工事
  ・便器の取替に伴う給排水設備工事(水洗化または簡易水洗化に関するものを除く)、
   便器の取替に伴う床材の変更

詳しくは、厚生労働省のサイトをご覧ください。

住宅改修費の支給方法

受領委任払い

利用者は工事費用の1割を支払い、受領委任登録事業者が後で保険給付分(9割)を市へ請求します。
このことによって利用者は、20万円以内の住宅改修であれば、費用の1割を支払うだけで住宅改修を行うことが可能になります。

手すり取付けのポイント

ご利用者様の身体状況によって、手すりの取付け位置や高さもまちまちです。ご利用者様とケアマネージャーと打合せをじっくりして、不便さを解消し安全に過ごしていただけるようしっかり施工させていただきます。

活太朗 介護保険を利用した工事事例集はこちら

  ・手すり取付工事事例集
  ・階段・玄関手すり取付工事事例集
  ・トイレ改修事例集
  ・玄関入替工事事例集
  ・スロープ工事事例集
  ・浴室段差解消・手すり工事事例集
  ・段差解消工事事例集

  

2.障害者自立支援法に基づく住宅改修費の支給

障がい者が自宅でできるだけ自立した生活を送ることができるよう、住宅改修を行った場合、その費用の9割(18万円上限)が住宅改修費として支給されます。(1軒につき1回)
※上限を超えた部分は、全額自己負担金となります。

対象者

身体障害者手帳をお持ちの方で下肢・体幹機能障害・脳原性移動機能障害で個別等級3級以上の障害名の方

詳しくは、福島市のホームページ(こちら)をご覧ください。

3.福島市要介護高齢者等住宅改修助成事業

福島市では、バリアフリーに関する改修を介護保険制度もしくは障がい福祉制度で行った際に、 それぞれの制度の給付金を上回るような大規模な改修をされた場合、上乗せで補助金を交付 する事業「福島市要介護高齢者等住宅改修助成事業」を行っております。事前に審査が必要です。

対象者の条件制限等がありますので、詳しくは福島市のホームページ(こちら)をご覧下さい。

4.福島市高齢者住宅改修助成事業

福島市では高齢者の方が、快適で安全な生活が送れるように住宅改修に対して工事費の助成を行っております。事前に審査が必要です。

ご利用の条件

・介護保険における要介護認定で「自立」と認定された方

・要介護認定を受けていないが、明らかに「自立」相当と認められる方

・加えて@〜Cのすべてに該当する方。

 @福島市内に住所のある65歳以上の方
 A本人および世帯全員が市民税非課税である
 B市税の滞納がない
 C同じ住所に介護保険の給付対象者がいない

対象工事

@立ち上がりや体の移動をスムーズにするため手すりを取り付ける

A「つまずかない」または「膝への負担を減らす」ために段差を解消する

B滑って転倒しないように廊下や階段などの床材を変更する

C開き戸を引き戸へ取り替える

D和式便器を洋式便器へ取り替える

助成金額

上記改修工事における合計金額の『9/10』。18万円が限度額です。

例えば、25万円の見積もりで対象となる工事が20万円の場合
20万円×9/10  → 18万円(限度額)の助成を受ける事が可能です。

詳しくは福島市のホームページ(こちら)をご覧下さい。

工事内容についてのご相談・お問合せは活太朗までお気軽にどうぞ。

シニアリフォーム 〜ずっとイキイキ暮らす〜

手すり、段差解消、暖房乾燥機、床暖房、和式から洋式トイレへ改修、照明交換など、活太朗では、シニア向けのリフォームも行っています。小さなことでもお気軽にご相談ください。

詳しくは、シニアリフォームのページをご覧ください。